ジョルジュ・ルオー=聖なる芸術とモデルニテ=

ニュース

《秋 または ナザレット》部分 1948年 ヴァチカン美術館蔵 Photo ©Governatorato S.C.V. - Direzione dei Musei

23日はナイトミュージアム。ハンドベルコンサートも。

2018年12月20日(木)

23日のナイトミュージアム&ハンドベルコンサートについての記事が毎日新聞(19日付、北九州版など)に掲載されました。ご紹介します。

特別展「ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ(現代性)」(毎日新聞社など主催)を開催中の北九州市立美術館本館(戸畑区西鞘ケ谷町)で23日、クリスマスイベント「ハンドベルコンサート」がある。
演奏は折尾愛真高(八幡西区)のハンドベルクワイア=写真。熱心なキリスト教徒で、キリストの姿を描き続けたルオーにちなみ、「きよしこの夜」「ホワイト・クリスマス」などを奏で、キリストの生誕を祝う。
午後6時開演(無料)。当日はナイト・ミュージアムとして同8時まで開館する。入館は同7時半まで。八幡東区の七条と美術館を結ぶシャトルバスも臨時運行する。
また、館内のレストラン「カフェ・ミュゼ」も営業を延長し、ランチタイムのみのルオー展限定メニューを特別に提供する。問い合わせは同館093・882・7777。【福田加寿代】

 

 

 

 

 

 / 一覧に戻る /